Otani Clinic
皆様とのふれあいを大切にします。患者様の健康を維持するために、お役に立てるクリニックを目指して参ります。
診療案内
大谷クリニックの診療科目をご紹介いたします。お気軽にご来院ください。

呼吸器科
肺がん、咳喘息、気管支喘息、間質性肺炎など呼吸器疾患の診療および御相談をさせていただきます。
長引く咳、花粉症などの診療および御相談をさせていただきます。

咳喘息
咳喘息は気管支喘息の一歩手前の状態です。咳のみの症状で、気管支喘息のようなゼーゼー・ヒューヒューという喘鳴を認めません。咳が出だすと止まらない、夜間の咳、明け方の咳、会話で咳、笑って咳、冷気で咳、エアコンで咳、ラーメンの湯気で咳など軽度の刺激でもせき込むのは気管支喘息同様です。咳は激しく、肋骨を打撲したり、尿失禁することもあります。30%は気管支喘息に移行しますので、咳喘息のうちに治療することが重要です。咳喘息の診断のために、問診、聴診の後、レントゲン検査で、肺がんや結核、肺炎などの怖い病気を否定させていただきます。その後、肺機能検査で肺活量や1秒量、肺年齢を測定、呼気中一酸化窒素濃度測定(FeNO)で気道の炎症状態を把握、モストグラフで気道抵抗を測定させていただき、気道閉塞の状態を検査します。また、血液検査で、アレルギー検査をさせていただくこともございます。
気管支喘息
気管支喘息はゼーゼー・ヒューヒューという喘鳴を感じる場合と咳が主症状となる場合があります。咳が出だすと続く、話をすると咳き込む、走ると咳がでる、夜間ふとんにはいると咳が出る、アルコールを飲んだ後に咳が続くなどのお話から気道が過敏になっていると判断し、丁寧な聴診、胸部レントゲン、肺機能検査、呼気中一酸化窒素濃度測定(FeNO)、気道抵抗(モストグラフ)、血液検査から気管支喘息と診断できます。外来で処方させていただき、自宅で毎日できる簡単な吸入薬(吸入ステロイド)が有効ですが、吸入方法がきわめて重要ですので、吸入方法もご説明させていただきます。ステロイドと聞くと副作用が心配となる方もいらっしゃいますが、内服ではありませんので、糖尿病や骨粗鬆症、免疫低下などの全身性の副作用を心配する必要はありません。患者様によっては、声が枯れるとおっしゃる方もいらっしゃいますが、吸入ステロイドの種類を変更することで、声枯れも改善することが多いと思います。呼吸器専門医およびアレルギー専門医である私自身が吸入ステロイドを吸入しておりますし、家族も吸入しております。
間質性肺炎・肺繊維症
間質性肺炎や肺線維症は、肺が線維化といってかたくなる疾患です。初期には軽度の咳や階段昇降時の呼吸困難を感じ、進行すると呼吸不全に陥ります。間質性肺炎の原因には、関節リウマチなど膠原病に伴うもの、アスベストの吸入によるもの、薬剤の副作用によるもの、カビや鳥類の糞や羽を吸入して発症する過敏性肺炎が慢性化したものなど、原因は様々です。原因不明ですと特発性と診断されます。特発性の中でも特発性肺線維症は、症状出現からの平均寿命2.5年ともいわれているほど進行性で予後不良の疾患ですが、最近進行を遅らせる可能性があるピレスパという薬が、世界に先がけて日本で発売されました。しかし、原因によって対処法が変わりますので、まずは原因を探すことが重要です。
慢性閉塞肺疾患(COPD)(肺気腫及び慢性気管支炎)
慢性閉塞性肺疾患(COPD)(肺気腫および慢性気管支炎)では、肺の中で酸素と二酸化炭素の交換をする肺胞という組織が溶けていき、呼吸する面積が減少します。原因のほとんどはタバコやPM2.5などの大気汚染です。咳や痰、階段昇降時の呼吸困難を認め、進行すると呼吸不全のために酸素療法が必要となります。外来で処方させていただき、自宅で毎日吸入できる簡単な吸入薬(気管支拡張薬や吸入ステロイド)と禁煙で改善が望めます。
過敏性肺炎
過敏性肺炎は、カビや鳥類の糞や羽を吸入して発症するアレルギー性肺炎で、夏型過敏性肺炎(住居のカビを吸入して発症)や鳥関連過敏性肺炎(現在の鳥飼育での発症だけでなく、隣人の鳩飼育、羽毛布団の使用、公園、神社、駅、庭に飛来する野鳥や野鳩の集団棲息、鳥の剥製や鶏糞肥料の使用など間接および無自覚の抗原曝露で発症)が代表的です。 咳や歩行時の呼吸困難を感じますが、かぜが長引いていると患者様は考えてしまうことも多いので、専門医による検査が重要です。
肺炎・気管支拡張症
気管支拡張症は、主に気管支炎や肺炎後に、気管支が炎症のために拡張する疾患です。拡張した気管支には痰が貯留し、朝方にたまった痰が咳とともに排出されます。痰には細菌がつきやすく、黄色など色のついた痰となって、気管支炎や肺炎を発症します。
また気管支炎を繰り返すと、血痰を生じることもあります。気管支拡張症にはエリスロマイシンやクラリスロマイシンという抗生物質を少量でも長期間内服することで、感染のコントロールができることがわかっています。
非結核性抗酸菌症
非結核性抗酸菌症は、中高年の女性に多く、咳や痰を生じる疾患です。非結核性抗酸菌症には、100種類近くの菌が同定されていますが、日本ではMACという菌が多くなっています。リファンピシン、エサンブトール、クラリスロマイシンなどで2年近く治療しますが、難治性のことも多く、手術を必要とすることもあります。経過観察と治療のタイミングは難しいこともあり、専門医による判断が重要です。
サルコイドーシス
サルコイドーシスは肺や眼を中心に、肉芽腫という良性の組織を認める疾患です。若い方は健診の胸部レントゲンでリンパ節が腫れていることから発見されることも多いですが、高齢者では眼がかすむ、皮膚の湿疹などで発見されることも多くあります。心臓に病変が及ぶと不整脈を生じることもあります。いずれにせよ早期に診断し、定期的に検査をすることが重要です。

アレルギー科
長引く咳、花粉症などの診療および御相談をさせていただきます。
長引く咳
2週間以上続く咳を認める場合は、かぜだけでなく、気管支喘息、咳喘息などアレルギー性疾患を考える必要があります。咳が出だすと続く、話をすると咳き込む、走ると咳がでる、夜間ふとんにはいると咳が出る、アルコールを飲んだ後に咳が続くなどのお話から気道が過敏になっていると判断し、咳喘息や気管支喘息を疑います。丁寧な聴診の後、胸部レントゲンで咳の原因となりうる肺がん、肺結核、肺炎などを否定します。肺機能検査で肺活量や1秒量、肺年齢を測定、呼気中一酸化窒素濃度測定(FeNO)で気道の炎症状態を把握、モストグラフで気道抵抗を測定します。血液検査でアレルギー検査をさせていただくこともございます。こうして、咳喘息や気管支喘息と診断させていただきます。咳喘息は咳のみが主な症状であるのに対し、気管支喘息では、ゼーゼー・ヒューヒューと喘鳴を認めます。咳喘息の30%は気管支喘息に移行します。気管支喘息に至ると完治は難しく、年間1700名の死亡者も報告されております。咳喘息のうちに治療していただきたく存じます。
花粉症
スギ花粉症は日本人の25%程度が悩む国民病です。スギ花粉にアレルギーのある方は、ヒノキ花粉にアレルギーがある頻度が高いことも知られております。初夏はカモガヤ、秋はヨモギやブタクサなど1年中花粉症で悩む患者様もいらっしゃいます。
代表的なスギ花粉症に関しては、スギのエキスを舌下して、身体に免疫をつくっていく、舌下免疫療法が保険適応開始から1年経過し、長期処方も可能になりました。春だけでなく、夏も秋も冬も、1年中、しかも3-5年の長期治療が必要になります。完治率は20%程度と高くはないのですが、合計して、80%程度の患者様は、花粉症の症状が楽になったとおっしゃいます。花粉症の時期のみに抗アレルギー薬で治療を受けるか、舌下免疫療法で根本的な改善を目指すかの選択です。花粉症の症状のつらい方、色々なアレルゲンでなく、スギ花粉がメインの花粉症の患者様は試していただく価値はあると思われます。

内科
高血圧、高コレステロール血症、糖尿病、メタボリック症候群の診療および御相談をさせていただきます。

咳 咳喘息 外来
長引く咳で困っていませんか?
気管支炎、気管支喘息、咳喘息の診療および御相談をさせていただきます。

2週間以上続く咳を認める場合は、かぜではありません。気管支喘息、咳喘息、逆流性食道炎、副鼻腔炎など多岐にわたる疾患を念頭におく必要があります。また、マイコプラズマ感染や百日咳感染から、咳喘息を発症することもあります。ゼーゼー・ヒューヒューと呼吸困難を感じる場合のみでなく、咳が出だすと続く、話をすると咳き込む、走ると咳がでる、夜間ふとんにはいると咳が出る、鼻汁が喉に流れる、胸焼けも感じるなど咳は色々です。 詳しくお話を聞かせていただいて、場合によっては、胸部レントゲン、肺機能検査、血液検査で精密検査をし、咳の悩みを解決させていただきます。
咳喘息
咳喘息は気管支喘息の一歩手前の状態です。咳のみの症状で、気管支喘息のようなゼーゼー・ヒューヒューという喘鳴を認めません。咳が出だすと止まらない、夜間の咳、明け方の咳、会話で咳、笑って咳、冷気で咳、エアコンで咳、ラーメンの湯気で咳など軽度の刺激でもせき込むのは気管支喘息同様です。咳は激しく、肋骨を打撲したり、尿失禁することもあります。30%は気管支喘息に移行しますので、咳喘息のうちに治療することが重要です。咳喘息の診断のために、問診、聴診の後、レントゲン検査で、肺がんや結核、肺炎などの怖い病気を否定させていただきます。その後、肺機能検査で肺活量や1秒量、肺年齢を測定、呼気中一酸化窒素濃度測定(FeNO)で気道の炎症状態を把握、モストグラフで気道抵抗を測定させていただき、気道閉塞の状態を検査します。また、血液検査で、アレルギー検査をさせていただくこともございます。
咳喘息は咳のみが主な症状であるのに対し、気管支喘息では、ゼーゼー・ヒューヒューと喘鳴を認めます。咳喘息の30%は気管支喘息に移行します。気管支喘息に至ると完治は難しく、年間1700名の死亡者も報告されております。咳喘息のうちに自宅で毎日できる簡単な吸入薬(吸入ステロイド)で治療していただきたく存じます。
気管支喘息
気管支喘息はゼーゼー・ヒューヒューという喘鳴を感じる場合と咳が主症状となる場合があります。咳が出だすと続く、話をすると咳き込む、走ると咳がでる、夜間ふとんにはいると咳が出る、アルコールを飲んだ後に咳が続くなどのお話から気道が過敏になっていると判断し、丁寧な聴診、胸部レントゲン、肺機能検査、呼気中一酸化窒素濃度測定(FeNO)、気道抵抗(モストグラフ)、血液検査から気管支喘息と診断できます。外来で処方させていただき、自宅で毎日できる簡単な吸入薬(吸入ステロイド)が有効ですが、吸入方法がきわめて重要ですので、吸入方法もご説明させていただきます。ステロイドと聞くと副作用が心配となる方もいらっしゃいますが、内服ではありませんので、糖尿病や骨粗鬆症、免疫低下などの全身性の副作用を心配する必要はありません。患者様によっては、声が枯れるとおっしゃる方もいらっしゃいますが、吸入ステロイドの種類を変更することで、声枯れも改善することが多いと思います。呼吸器専門医およびアレルギー専門医である私自身が吸入ステロイドを吸入しておりますし、家族も吸入しております。

睡眠時無呼吸 外来
日本人の3〜4%に認められ、動脈硬化、 高血圧、 脳梗塞、心筋梗塞の発症のリスクとなり、寿命が短くなることが知られていますので、睡眠時無呼吸症候群の診療および御相談をさせていただきます。
有病率は人口の3〜4%といわれいます。睡眠中のことなのでなかなか気がつきにくい、いびきをかく程度で受診するなんて恥ずかしい、生活習慣病などの合併症のことが知られていないと言う理由などで、まだまだ治療を受けている方が少ないのが現状です。
いびき
いびきの発声源はのど(上気道)です。狭いのどを空気が通る際にいびきが生じます。大きないびきをかくことは病的な状態と考えられます。
労働災害
車の運転中、会議中、商談中、作業中、いつでも時と場所を選ばず眠気が襲ってきます。そのため、交通事故を生じる危険が高くなり、作業効率も下がり、経済的損失につながります。
合併症
高脂血症
生活習慣病(動脈硬化)
高血圧は健常人の1.4〜2.0倍
糖尿病は健常人の1.5倍
夜間心臓突然死は健常人の2.5〜3.0倍
脳卒中・脳梗塞は健常人の3.0〜4.0倍
診断
簡易型モニター:指先・呼吸のセンサーをつけ、血液中の酸素、呼吸の状態を測定します。当クリニックで検査させていただきます。 ポリソノグラフィー:簡易型モニターで確定診断ができなかった場合、夜間のみ1泊の検査入院が必要となります。東京医科歯科大学など連携施設を紹介させていただきます。
治療 CPAP
持続陽圧呼吸療法:鼻マスクから空気が一定圧で送り込まれ、睡眠中に緩んだ喉の筋肉によって喉が塞がってしまうのを防ぎます。当初は違和感を感じたとしても徐々に慣れてしまうことが多いと思われます。自己負担は3割負担で月に約5000円弱程度です。CPAPを行うと心疾患の予防や死亡率を減らすことができます。
マウスピース療法:いびき症の方や軽症の無呼吸症の方に有効です。下顎を前方に数mm突き出してかみ合わすようにします。 紹介状を持参して専門の歯科で作成していただく必要があります。当ビル6Fの池袋西口小川原デンタルクリニックの小川原先生と連携させていただきます。

禁煙 外来
禁煙のお手伝いをさせていただきます。
保険診療可能です。

タバコは肺がんなど呼吸器系(肺がん、喉頭がん、舌がん、咽頭がん)のがんだけでなく、消化器系(食道がん、胃がん、肝臓がん、膵臓がん)、泌尿器系(腎がん、膀胱がん、尿管がん)、子宮頸部のがんなどにも関与します。また肺気腫は肺の中で酸素と二酸化炭素の交換をする肺胞という組織が溶けていき、呼吸する面積が減少する疾患ですが、肺気腫のほとんどの原因はタバコです。そのほか、タバコによって動脈硬化を生じ、狭心症や心筋梗塞のリスクとなります。
怖いお話ばかりさせていただきましたが、高齢となってからでも遅いことはなく、80歳代よりも70歳代で、60歳代よりも50歳代でと、少しでも早く禁煙することにより、寿命が延びることもわかっております。今までは、ニコチンの貼り薬やガムで禁煙治療がされておりましたが、現在では、タバコをまずくする飲み薬が最も有効であり、保険治療が可能となりましたので、禁煙のお手伝いをさせていただければ幸いです。

PAGE TOP